貧乏爺さんの株式投資

零細投資家の勝手気ままな株式市況解説

昨日の上昇の反動で売り優勢

ダウ平均は一時40000ドルを上回るも失速し
3指数が揃って下落したことや昨日の大幅高の
反動などで日経平均は4日ぶりに反落

騰落銘柄数は値上がり999/値下がり592と
値上がり銘柄の方が多くTOPIXは堅調に推移

業種別では銀行、電気ガス、輸送用機器等が
上昇し精密機器、その他製品、化学等が下落
     

株ブログ⇔サラリーマン投資家
ランキングはコチラから!


米主要3指数の史上最高値更新を受け続伸

4月の米消費者物価指数の伸び鈍化を受け
長期金利が大きく低下し主要3指数が揃って
史上最高値を更新したことで、日経平均は
上げ幅を500円超に拡大し大幅に3日続伸し
約1カ月ぶりの高値水準

東京エレクトロンやディスコなど半導体株が
大幅上昇となっていたほか、自己株取得や
増配の発表が好感されクレディセゾンが急騰

半面、為替が円高に振れたことからマツダ
日産自、スズキなど自動車株が大幅安
     

株ブログ⇔サラリーマン投資家
ランキングはコチラから!


買い一巡後は値を消す展開

ナスダックの史上最高値更新を好感して
日経平均は上げ幅を一時400円超に広げたが
米CPIの発表を控え持ち高調整売りに押され
値を消す展開となり小幅続伸で取引終了

三井化学が今期大幅最終増益計画を好感され
後場プラス転換から上げ幅拡大したほか
ナスダックの史上最高値更新を受けて
半導体株が買われていた
     

株ブログ⇔サラリーマン投資家
ランキングはコチラから!