期初の益出しの売り?に反落

米2月個人消費支出物価指数を好感し
日経平均は上昇スタートとなったものの
期初の益出しの売りが重しとなり買いは
続かず失速しマイナス圏に沈むと節目の
40000円もアッサリ割り込み反落

アドバンテストやSCREENなど半導体株の
一角が大幅安となったほか三菱UFJや
三井住友など金融株が全般軟調
     

株ブログ⇔サラリーマン投資家
ランキングはコチラから!


Comments