ダウ平均は大幅高なれど日経平均は反落

ダウ平均は上昇し年初来高値を更新したが
ナスダックは下落したことで、東京市場は
半導体関連などハイテク株の一角が売られ
日経平均は小幅反落

太陽誘電やTDKなどハイテク系銘柄が幅広く
売りに押されていたほか、ファーストリテや
ソフトバンクG、キーエンスが軟調となり
指数を押し下げていた

半面、米長期金利の上昇を好感して銀行株が
買われ、為替が円安に振れたことを好感して
自動車株が見直し買いにシッカリ
     

株ブログ⇔サラリーマン投資家
ランキングはコチラから!


Comments